我が家のタコライスとピコデガヨ

我が家のタコライスとピコデガヨ

こんにちは、ご機嫌いかがですか。

ある日突然、肉を断つと宣言した草食夫とオクラホマ州に暮らすみなこです。

本日は我が家のタコライスとピコデガヨを紹介します。

アメリカはメキシコ人が多く住んでいる事もあり、メキシカン料理はもはやアメリカの一般食とも言えるぐらいこちらではよく食べられます。また、メキシカンレストランやフードトラックもとても多いです。

地域によって味が違うみたいですが、オクラホマは割とTex-Mexというテキサス風のメキシカン料理が多い気がします。

では、材料に移りたいと思います、あ!ご飯は事前に炊いといて下さいね

  • ヴィーガンミート        1袋(340g使用)
  • レタス             半分
  • アボガド            1個
  • 玉ねぎ             半分
  • トマト             1個
  • パクチー            1束
  • ハラペーニョ          小1個
  • ライム             2個
  • トウモロコシ(缶詰)      1缶
  • ブラックビーンズ(缶詰)    1缶
  • 塩               小さじ1
  • 胡椒              小さじ1
  • ガーリックパウダー       小さじ1
  • タコシーズニング        1袋
  • 水               3/4カップ
  • 細切りヴィーガンチェダーチーズ 適量
  • 市販のサルサソース       適量

まず最初にピコデガヨを作ります

玉ねぎ、トマト、パクチー、ハラペーニョ、ライム、塩、胡椒とガーリックパウダーを混ぜたものがピコデガヨです。

サルサソースと言っても色んな種類があり、その中の一つがピコデガヨです。食べる時は、このピコデガヨ以外に市販のサルサソースもかけて我が家は食べます

玉ねぎ、トマト、パクチーをよく洗います

ミニトマトを使い切りたいので、写真ではミニトマトを使用しています

洗った野菜の水気はちゃんと拭き取って

またもやこんな子がいました

どんどん細かく切っていきます

玉ねぎも

パクチーも

パクチーは根っこに近い方が匂いが強いので、いつも根に近い方は細かく刻んで、葉はほとんど形を残した状態で切ります

家に冷凍してあったハラペーニョを細かく刻みます

私はハラペーニョやセラーノ唐辛子を買ってきたら、輪切りにして冷凍庫にいつも保存しています

ライム1個を絞ります

塩、胡椒とガーリックパウダー全て小さじ1を入れ、よく混ぜて冷蔵庫に入れます

刻むのが少し手間ですが、作り方自体はとても簡単です。私はいつもこれくらいの味付けですが、物足りない場合はお好みで足してください。

次に、トウモロコシとブラックビーンズです

ザルに入れてリンスします

容器に入れて冷蔵庫に入れます

レタスは、主婦の味方すでに刻んであるものを買ってきました

こういうの、ちょっと必要な時にとっても助かります

これも冷蔵庫に

どんどん、出来てきました

次は、森のバターアボガドを細かく切ります

ライム1個分をアボガドに絞ります

これも冷蔵庫に入れておきます

最後に、冷凍ヴィーガンミートをタコシーズニングで味付けしていきます

今日はこれを使います

このヴィーガンミート、チリやタコスにGreat!と書いてあったので、信用して買ってみました

ヴィーガンミート1袋340g

タコシーズニング1袋は1パウンド用

1パウンドは約450gなので、最初は半分とちょっとのシーズニングで炒めていましたが、結果から言うと、1袋全て使いました。恐らく使っているのがお肉ではないため、濃くが足りず全て入れました。その辺はお好みで調整して下さい。

フライパンにオリーブオイルを引いて、ヴィーガンミートを炒めます

まだ凍っていますが、見た目は牛肉です

解凍してきたら、タコシーズニングを入れます

クミンのスパイスの香りがすごく良いですね

水を3/4カップ入れます

弱火で5分ほど煮詰めます

5分経ったら火からおろして容器に入れます

では、盛り付けていきましょう!

我が家のご飯はいつも玄米です

ご飯の上に、レタス、ヴィーガンミート、豆類、アボガド、ピコデガヨ、チーズをどんどんお好みで載せていきます

最後に市販のサルサソースをかけます

サルサソースはうちは、フルーツとハバネロが入っているのが好きです

ほどよい甘さの中に辛さもしっかりとあって

でも何でも、お好みのものを使用してください

ホッホー!

野菜たっぷりで、スパイスの香りが食欲をそそります

では、いただきまーす!!!

まぜまぜして、食します

んー、タコシーズニングのスパイスの香りと、ピコデガヨの爽やかな香りと、良い感じに間を取り持ってくれるチーズ、アボガド、トウモロコシとブラックビーンズ。

そんで、シャキシャキレタス、ピリッと辛いサルサソース。

上の野菜は冷たいけど、中はお米とお肉が暖かくて、

自分で言うのも何ですが、絶妙です!

草食夫は仕事が忙しいみたいで、ずっとパソコンをいじりながら食べてます。こういう時は、話しかけない方が良いのです。結婚6年目でようやく分かってきました。

タコライスは、唐辛子やサルサソースを調整すれば、大人も子供も一緒に食べれるので、是非試してみて下さい。

タコシーズニングやサルサソースは日本でも輸入物のスーパーで買えます。本当はタコシーズニングの作り方も今回紹介しようと思ったのですが、材料を全てスーパーで買えなかったので、揃い次第こちらでまた紹介したいと思います。

最後までこのブログをお読み頂き、ありがとうございます。

まだまだ未完全なブログではありますが、コメントやいいねをして頂きありがとうございます。

それではまた、みなさん良い一日を。